スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

設計部のお仕事!!!

  こんにちは、こんばんは RD です。大分前回より空いてしまいました。。。 5月25日で新型コロナウィルスによる非常事態宣言は全国的に解除され、専門家分科会では、8月 20 日に感染のピークに達したと言われているものの、まったく実感がなく気の抜けない状況が続いています。 その中で本日は明るい話題を提供できたらと思います。   今回ご紹介するのは設計部。 建築系の仕事をするときに欠かせない部門となっています。 4名のチームで業務をこなしています。 設計のプロフェッショナルとして主に耐震診断の業務を行っていますが、 時たま無理言って調査課の野帳づくりなど手伝ってもらうときもあります。 その時は「いいよー」と優しい口調ですが目は笑っていません ( 笑 )   調査課の RD が設計の仕事を語れるかというと特に。。。 なので今回はインタビュー形式で進めていきたいと思います。 込み入った内容だと RD にはついていけないのでやりがいなど聞いていきたいと思います! インタビューに答えてくれたのは設計部のエース O さん! RD はいつもアニキと慕っている頼れる方です!   ではでは O さんにインタビューです! RD     :それでは O さんよろしくお願いします。   O さん:よろしく!   RD    :まず初めに設計の仕事をしていて大変なことは何でしょう?   O さん:しょっぱなに大変なこと聞くんですか ( 笑 ) まあ、やりがいがある仕事な分、仕事に対する責任感と正確性が求められます。 建物の構造の根本的な設計仕様に関わる案件が多い為、その分、専門的な構造計算が求められる場合があります。   RD    :責任感と正確性ですか。プレッシャーがすごそうですね。。。 逆に仕事をしている中で楽しいことはありますか?   O さん:うーん、他の仕事と違って、設計という仕事の性格上、チーム全員で一緒にわいわい仕事をするというより、個人でコツコツ仕事をすることが多いので、一般的にイメージされる「楽しい」ことはないと思いますが… 建物の既存図面等の資料が少なく診断に必要な図面が不足していて復元しなければならない際に、少ない資料であらかじめ推測していた
最近の投稿

春!

こんにちは、こんばんは、RDです。 新年度が始まり、弊社も新社長のもと新体制でスタートです! 4月1日、電車の中を見渡すとリクルートスーツで出勤する初々しい若者たちが多数!! 気持ちが晴れ晴れとします! ですが現在。。。ころな。。。コロナ。。。コロナの影響が見過ごせない毎日であります。 少し前より弊社でも手をアルコール消毒する、通勤手段を見直す、時差出勤などのコロナ対策をできる限り行い仕事をこなしていましたが、業務にも少なからず影響が及んでいました。 そんな最中の今月中旬、政府から非常事態宣言が発令されました。 そういうわけで弊社でもテレワークを導入。 慣れない自宅での作業、手探りで仕事をこなす毎日です。 それでも、生活に無くてはならないスーパーやコンビニなどは、今でも対面接客で頑張っておられます。。。 私どもも不要不急の外出をなくすのはもちろんのこと、できる限りスーパーなどへ行く回数を減らし、少しでも接客業の方々の負担を軽減できればと思います。 早く新型コロナウィルスの流行が終息し、平穏な日々が戻ってほしいと切に願っております。

調査課のお仕事

こんにちは、こんばんは。 RD です。 本日は構総研のお仕事について紹介していきます。 私どもの主な仕事は橋梁、トンネル、ビルなどの鉄やコンクリートでできたインフラ構造物の劣化状況などを点検・調査し、利用者である皆様の安全を確保することです。 なので仕事ではこれらの構造物の用途に応じて都会のど真ん中から人里離れた僻地まで様々なところに行きます。 ( 過去に自宅から30秒の現場もあった RD です。。。 ) その中でも私たちが近年力を入れている業務が橋梁の点検です。 1950 年頃に多く作られ、現在に至るまで我が国の高度経済成長を支えてきた橋梁ですが、近年になって劣化やそれに伴う事故など多くの事例が報告されています。 これを受けて国土交通省では現在使用されているすべての橋に対して 5 年に 1 度の定期点検を行うようになりました。 点検にあたり橋梁点検の、資格者が点検に当たることになっています。その他に超音波探査、コンクリート診断士など必要とされる資格は多数あります。 弊社でも数人、用途に応じ必要な資格を取得し業務に携わっています。 使用道具としては点検ハンマー、クラックスケール、はしごなどなど 基本は点検ハンマーの打音による点検です。 コンクリートが浮いていると音が変わり、判別できます。 コンコン叩いていきます。 コンコン コンぽこコン 叩いていると、浮き部と健全部とでは違う音がします。 発見したらこのようにマーキング! こちらはひび割れのマーキング 最初は判りづらかったりしますが、経験を積めばわかるようになります。 こちらは鋼桁を用いた橋梁です。塗膜の状況や腐食状況を近接して確認します。   この他にも目的など必要に応じ、点検方法を変えていきます。 時には高所作業車や吊り足場などを使用した点検を行います。 高所作業車を用いた点検状況です。 下面や路面状況によっては橋上に点検車を据えて点検を行います。 こちらは“橋梁点検車”といいます。 これの一回り以上大きいものもあり、時たま使用することがあります。   実際の点検においては全体を見渡し橋梁や橋脚に大きな異常が見られないか、

2020年のスタートです!

2020年1月8日 ( 木 ) あけましておめでとうございます。 待望のオリンピックイヤー!(o・mo・te・na・shi) 聖火リレーのオファーを待ちわびる今日この頃です??? 1月6日仕事はじめ、午前中は社員一同が会し、今年の抱負を述べました。 健康、業務、年末年始の出来事。個人個人しっかりとした目標があり、筆者のしょぼい目標が掠れて見えました。タバコ止めたい! 会議後、和食のさとにて昼食会。おなか一杯食べて今後の英気を養いました! 英気の養いすぎで午後からが心配な筆者です。。。 今年は、社内外の皆様に構総研とはどんな会社か発信していきます。

忘年会

今年も早いもので、もう忘年会のシーズンイン。当社も12月13日に忘年会を開催しました。 普段は皆が揃って飲む機会がなかなかないのですが、この日ばかりは仕事の都合をつけ、なるべく多くの人に出席してもらいました。 料理はボリューム満点でどれも美味しく、催しでは恒例のビンゴゲームで大いに盛り上がりました。 令和元年も残りあとわずかですが、皆様にとって良い1年でしたでしょうか? 近年、台風や豪雨等の自然災害が激甚化していますが、来年は平穏な1年であって欲しい願わずにはいられません。 ただ、仕事は今年以上に忙しく充実した一年になればと思います。 皆様も良い年をお迎え下さい。
伊勢神宮参拝バスツアー  年号が令和に改まった5月14日、社内レクリエーションで伊勢神宮参拝バ スツアーに行きました。  当日はあいにくの雨でしたが流石にお伊勢さん。天候にもかかわらず結構な人出でした。  社員一同 神前で 会社のますますの繁栄を祈願した事は言うまでもありません(きっとそうだと思います?)。  当日は、お昼のバイキングや伊勢神宮ご参拝、おかげ横丁での買い物 など楽しい一日を過ごしました。    普段の業務以上にオフは思い切り楽しむのが当社のモットーですので、この日は 上下関係も気にせず、 みんなすごく良い笑顔でした。    

親睦会

当社の社員とその家族で、昨年、得意先との親睦会に参加した時のものです。 場所は USJ 。 親子で参加しました! 前年には、他の社員が同じ催しで山陰地方を旅行しました。   当社ではこのようなイベントに参加することもあります。